スタッフブログ

相手の言葉を深読みしすぎちゃう人の末路

相手の言葉を深読みしすぎちゃう人の末路

こんにちは! 名古屋駅近くの結婚相談所、働き盛りのあなたにオーダーメイドの婚活サポート、名古屋セントラルパティオの深谷です。

昨日、藤井四段が破れました。これで中学生のうちにタイトルを取ることは無くなったとのことです。
藤井四段が天才なら対局者も天才です。彼らは盤面上で相手の手をどこまで深読みしているのでしょう?
藤井四段、対局中以外も「深読み」しているのでしょうか?

 

彼女の言葉

デートの帰りに彼女を送っていったとき、一人暮らしの彼女から「コーヒーでも飲んでいかない?」と声をかけられたとしましょう。
この言葉を受けて、素直にコーヒーのお誘いと感じる人もいれば、「何かあるのかな?」と考える人がいます。

 

深読み

「察しが良い」「一を聞いて十を知る」というのは良いことだとされています。相手の発した言葉を聞いたりメールを読んだとき、深読みして相手の真意を知ることは大切なことです。
少し前にも「忖度(そんたく)」ということばをよく耳にしました。

 

考えすぎ

でも、深読みしすぎて失敗することもあります。
交際中、相手からの肯定的な言葉にも「どうして、あんなことを言ったんだろう。このメールの意図はなんだろう」「脈があるのかないのか・・・」などと考えてしまうことがあるかもしれません。

婚活

婚活疲れ

自分に自信が持てないときにこんな考え方になってしまうようです。過去の失敗を思い出し、否定的にしか受け取れないこともあるようです。
こんなところからいわゆる「婚活疲れ」」となるのでしょう。

 

素直に聞く

深読みして相手の真意を知ろうという気持ちも分かります。でも、深読みし過ぎると身動きできなくなってしまいます。
相手からの否定的な言葉は深読みして肯定的に感じましょう。相手からの肯定的な言葉は素直に受け取りましょう。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ ← 他の方による婚活ブログはこちらからどうぞ

ブログが口コミで広がらないかな。。。

(Visited 41 times, 1 visits today)